2016年08月31日

木村建設、1年1ヶ月ぶりの自主交渉開催。

羽村市に本社のある木村建設で申し入れをしてから1年1ヶ月が経過したのちに、初めて、団体交渉が先週の土曜日に開催されました。開催場所は瑞穂町にある木村建設第2工場でした。会社内の団体交渉開催に、当該分会の人たちはそれはそれは喜んでいました。

この1年1ヶ月の間、組合切り崩し、脱退工作、解雇、労働審判とさまざまありました。昨年の8月に申告した労働基準法違反のうち、出庫から現場までの走行時間のタコメーターに記載された労働時間分の未払い残業代はこの6月にようやく払われました。でも、まだ待機時間の分の賃金が未払い割増賃金として未払いです。

さらに、解雇という事態が早く解決しないと、職場で働き続けるための労働条件向上に向けた要求という、労働組合を結成した基本の交渉が出来ません。

いろいろ未解決ですが、兎にも角にも、1年1ヶ月が経過したとはいえ、申し入れをしてから始めての団体交渉開催でした。
私たち組合としては、昨年7月30日に申し入れ要求に基づく団体交渉がやりたいと考えていましたが、会社側は「全面解決に向けて話し合いたい」と、労働委員会の席上で言いました。
団体交渉で和解案を出すのかな?とちょっと訝しがりながら出向きましたが・・・

団体交渉会場には、会社側代理人弁護士、社労士、社長、総務部、他に5〜6人、総勢10人以上が待機していました。和解に向けた雰囲気ではありません。

困ったなあ、とは思いましたが、社長の話を聞いてみることにしました。
どうも事務所に一回も来なかったり、組合の説明の話をちゃんと聞いていなかった脱退した組合員の人たちが、「前の配車係が退職したからあと2〜3ヶ月で会社が潰れる」と思い込んで組合に駆け込んできて、その思い込みが組合勧誘の文言であったというストーリーが会社の中に作られてるというそんな事でした。

いやいや、ちょっと待ってください!
労働組合は会社と交渉する前には、経営分析はしています。
土地建物登記簿謄本でしっかり抵当、根抵当金額と評価額とかも判断しています。
潰れるとわかっている会社で、会社に根を張る組合は作らないです。

経営分析もしないで、根も葉もない噂に踊らされるのは、組合員以外か、組合の会議に来ない組合員だけです。
木村建設の場合も、噂に踊らされたのは、組合の会議に来なかった人たちでした。

労働組合というと、いろんなイメージを会社も従業員も持っていますが、団体交渉もせず、接点もないと、本当に勝手な思い込みで、評価されてしまうのですね。ほんと、びっくりでした。

結局
午前10時半〜午後13時までの団体交渉予定でしたが、途中休憩を挟んで会社側からすべて「検討」「時期をみて回答」という回答で、12時過ぎには団体交渉は終了。でも結局、全体解決案は出ませんでしたし、昨年7月30日に要求した内容の交渉は一つも出来ませんでした。会社側の総務部所属の方が立ち上がって怒鳴ったり、録画いしたいようなパフォーマンスを見せてもらって帰ってきた感じです。

途中にも記載しまいたが、木村建設事件、あと2回ほどの期日で労働委員会審問が開催される見込みです。
労使紛争はまだまだ続きます。皆さんのご支援を宜しくお願い致します。

posted by REI at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176691806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック