2012年12月19日

労働組合結成 仲間を信じる事から始めよう

以前、といっても、そんなに昔でない以前、私達の組合に「S」という会社の分会がありました。
詳細は後述しますが、昨年3月に解散しました。
そしてその後、別の地域の合同労組で同じ「S」という会社の組合が結成されてとのことで、私のところに問い合わせがありました。
私は引っかかる気持ちがあったので、その事を、問い合わせた人に伝えました。
そして、先日、その問い合わせしてきた人とバッタリ都庁前で会ったのですが、その時彼はこう言いました。「あの話は言われたとおりかもしれない。『S』組合の1人が亡くなって、遺品を整理していたら会社との怪しい協定書が出てきた。」・・・・

人生は一度きり。裏切られる事はとても辛いけれど、裏切った過去を持ったまま死んでしまうのはもっと悲しい。

その『S』分会は、私達の組合に加入したとき、当初3名の解雇でしたが、未払い残業代がある事がわかり、二桁の組合数になりました。そして東京都労働委員会での係争もあり、半年後には全員解雇撤回、職場復帰、バックペイの支払いが実現し、労働組合の力を発揮する事が出来ました。ところが、その9ヶ月後、ちょうど東日本大震災が発生する直前くらいですから、3月の初旬に、職場復帰後に腰痛で自宅療養を余儀なくされていた分会長から「分会員が誰も電話にでない」「団交出席の連絡が誰からも来ない」という連絡が入ったのです。この年の1月には川崎と町田の労働基準監督署に申告を行い、すこしずつ前進していたはずでした。分会長が腰痛で休業していた事は不安材料でしたが、職場の仲間とはつながっていると思っていたのですが。分会長のその電話を受けて、私も分会役員の人たちに電話を入れましたが、やっぱり誰も出ません。すごく嫌な感じです。そして大震災。実家が茨城で、その実家で被災してしまった分会長から「だれも電話に出ないし、被災して心が折れた。もう分会解散する」との連絡が有ったのはそれから程なくしてからでした。

 合同労組の専従である私からの電話を、組合員の人が取らなくなるときは、ほぼ、切り崩し=組合脱退勧奨があった時です。それも、目の前に良い条件がぶら下がった時です。目先の利益に、後先考えず飛びついて行く事い精一杯で、自分を守ってくれた労働組合など、さっさと縁を切る、そんな構図です。まるで、イソップ物語の、繁った木の後ろに身を隠した鹿が、その木の葉っぱを食べてしまったばかりに猟師に見つかってしまう寓話のようです。身を守る手段を大事にせず、目先の誘惑でせかく繁った樹木を裸にしてしまう事で、身を滅ぼしてしまう・・・。とても悲しい話です。

 彼らが、私達の組合と、何の連絡もとらなくなってから、何があったかわかりません。ただ、彼らが私達の組合から去ってから1年以上経ってから違う合同労組に加入した理由は解雇と未払い残業代です。という事は、会社とどんな協定をしたのか、わかりませんが、残業代をきちんと払ってもらう事が出来ず、解雇に至ったということです。

 労働組合という、人と人との関わりによって成り立つ仕事、しかも労使関係という日々の生活、生活費と直結する、利害関係の真っ只中の仕事では、「信頼」という喜ばしい財産が出来る反面、裏切られる事も多くあります。労働者は弱い。弱い労働者ほど目先の利益で動いてしまう。この事実をいつも反芻するのですが、それでも裏切られる毎に心がザラザラしてきます。
今回の一連の出来事、心の中のザラザラしたものが、悲しみになってしましました。

信じることから始め直さないと癒えない、そんな感じです。
仲間を信じる事から始める労働組合の力を知ってもらいたから、私達の組合を訪ねてきてくださいね。

posted by 朝倉れい子 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働組合活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60876865
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック