2012年12月20日

労働組合でボーナス交渉をしよう!

12月も後わずか。ボーナスが出ない会社も最近増えてきたみたいですけれど、もう出た会社、まだ出るのかどうかも決まらない会社、まだこれからの会社、いろいろありますよね。
私達の組合は中小の運輸会社が複数ありますので、おしなべてどこも支給日は遅く、一時金の交渉は現在真っ最中です。

あ、労働組合では、ボーナスと言わずに「一時金」という言い方をします。
何故か、というと、「ボーナス」というとその次に続く言葉は「今年は業績が良かったから特別に従業員にも還元してあげよう!」というように「特別な」「サプライズ」として「プレゼント」される「金額」です。それはそれで、何も無いよりいいんですけれど、ここの意味を逆手に取って「今年は業績が悪かったから出さないよ」と言いだす経営者がいます。また、日本的な盆暮れに「使用人」に出す「プレゼント」と混同している経営者もいて、「靴」「ワイシャツ」「クリスマスケーキ」「餅」を支給してきた会社もありました。まあ、何も出さないよりもいいんですけれど。

それで「一時金」です。
これは、賃金というものを年収として捉え、毎月の賃金+夏冬一時金=年収で生活をしていることから考えられた呼称です。経営者の善意や、経営状態によるサプライズで出されたり出されなかったりするのではなく、一年間の生活の基礎であり、夏冬に一時払いされる賃金。月々の賃金と同等の、働く上での生活を維持する必要欠かせない賃金という意味です。ですから、労働組合の理屈では、経営状態が悪かったからといって、勝手に削減していいものでも有りませんし、経営者が嫌いな人だからといって、勝手に「査定」して金額を減額していいものでも無いのです。

ですから一時金交渉というのは、
「ボーナス」だと考えている経営者と、「一時金」であると考えている労働組合との交渉になります。
この差を乗り越えるためには、多くの知恵と勇気と行動が必要です。けれども不可能な事ではありません。

労働組合が無いと経営者の裁量の範囲で、払っても払わなくても、査定してもしなくても良くなってしまいます。
そんなひどい!と思われるかもしれません。
そこで、就業規則の賃金規定、または雇用契約書を確認しましょう。
もしも、「毎年12月10日に50万円支給する。」というように年月日と金額が明記されていれば、おめでとうございます!これは必ず支払われます。もし仮に支払われなければ、賃金未払い事件として労働基準監督署に申告も告訴も出来ますし、賃金請求事件の訴訟を提訴する事も出来ます。けれども「支払う事がある。」とか「支払わない事がある」と記載されている場合、様々な条件をクリアしなければ労働基準法違反や、訴訟での争いには出来ません。「様々な条件」の最低必要条件は、支払い年月日と金額が確定されている事です。
 私も昔、労働組合が無い会社で働いていましたが、支払日は直近になってから会社からアナウンスがあるのですが支給月数は支給されてから逆算して初めて知る事が出来、査定基準については風の噂でしか知りようがありませんでした。大方の労働組合の存在しない会社はそんなものです。
 では、一時金の支払い年月日と金額の確定は何によって出来るのでしょうか。労働組合が会社と交渉した結果の、「一時金協定書」で支払い年月日と金額は確定出来るのです。一時金、ボーナスについて、労働者がその支給及び支給条件を決められるのは、労働組合を通じた交渉だけです。

 以前、労働審判事件で、ボーナスを労働債権として請求してきた事件がありました。代理人弁護士さんもついている事件でした。けれども、この請求してきたボーナスは「支払う事がある」という就業規則を基に、「例年この位支払われてきた事」を根拠としての請求でした。支払日も金額も何の約束されたものでは無かったので、請求としては退けざるを得ませんでした。代理人弁護士さんは、「そんなひどい事があのか!」と言って泣いてしまい、当該の労働者は「弁護士さんが払ってもらえると言っていたのに何で」と言いました。そして審判官は当事者の労働者に向かって、「労働組合を作って、ボーナス交渉をして協定書を作ったあとに、会社が払わなければ請求できる」と説明をしていました。

 労働組合にしか出来ない事が有ります。
posted by 朝倉れい子 at 17:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 組合用語解説
この記事へのコメント
関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社

連合・サービス連合傘下の労働組合

関汽交通社社員さんへ

岸田は元労働組合執行委員長です。

善野は観光労連地連執行委員です。

部下が自殺に至る過程を考える
〜上司と部下の間の、根深い問題に着眼したい〜

職場の色々な悩みに対応する立場が

逆に差別・嫌がらせに、虚偽の業務連絡で人の行動を

拘束する、善野

おかしな、おかしな労働組合

よく組合費を徴収出来ますね。

不思議な労働組合です。

安心して働きたい、職場の悩みを解決したいのが

労働組合なのに!!!
Posted by 関西汽船南港乗船券販売所・関汽交通社 at 2012年12月23日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60909053
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック